新譜「BETWEEN」発売

waffles official

2020/12/01 13:06

Follow

今年の作品は、サウンド的に「水色」がぴったりです。音はひんやり、心地いい感じに仕上がっています。


CDページ

配信先


今回の作品のテーマの一つに「指切り」、があります。

1曲目のタイトルも「pinky swear」です。

今年は本当に、生活が変わって、

いろんな人との繋がりも

今まで通りにはいかない一年で。

まだまだ先も見えないし、

「いつかは」って約束しても

「本当に元の世界に戻るのかな?」って信じられない気持ちもあって、

約束の響きも乾いているような。


そんななかにあって、

誰に言いたいのか、自分に言いたいのか、

「君は負けないよ」って類の言葉が沢山生まれてきました。


昔の自分との、指切り。

未来の自分との、指切り。

昔出会った誰かとの、指切り。

未来に向けて誰かとする、指切り。


誰しも、生きてくためには

「夢」的なものが必要だと、思うのです。

それは人でもいいし、実態があってもなくてもいいし、

「この続きを見てたいなぁ、いなくなるにはちょっと惜しいわぁ」と思うようなもの。


ジャケットの構成を考えつつ、できた歌詞カードを見てみたら、

どの曲も、言いたいことがなかなか一貫してるな〜と

自分で思ってしまいました(笑)

ぜんぜん直接的ではないですし、元気かもしれないけど、

聴いてくださるみなさんも元気でいてほしいな、とそんな気持ちもあります。


今年の曲たちと、去年の曲たちはまた違うのですが、

一緒にまとまったことで、それぞれが引き立ったように思います。


***


タイトルを「BETWEEN」にした理由。

ひとつは、今のこの状況が、

次の時代までの「間」のような感覚があるから。


歴史年表にもあるよね、どっちの時代にも含まれない時期が。

一つの時代が終わって、乱世があって、ようやく次の統一王朝が生まれて。


今はその乱世というか、時代と時代の「間」という感じで。

ニューノーマルとか言ってても、ニューな感じがしない、

名前のない時代。


この夜は、どう「明ける」んだろう?

トンネルの中にいて、抜ける日を待ってる感じ。

ちっちゃい灯りがあれば、とりあえず歩ける

気がしています


もうひとつは、

今の年齢って、夢世代と思い出世代の「間」にいるなぁって

思ったのが理由です。


「年齢を重ねると、夢より思い出が大事になってくるのよ」って

そんな言葉を聞いたことがあります。


たしかに、可能性という意味の夢は少しずつ、少なくなっていく。

とはいえ、思い出だけに浸って生きるには、まだちょっと早い。

長い道のりを来たなあ・・と思いながらも、

ラストスパート!みたいな駆り立てられる感じもまだ、ない。


夢と思い出、前見たり、後ろ見たり。

行ったり来たり、人生のまんなか世代のふわふわ・・・


もう一つ年代が上がると、また違う景色と吹っ切れがあるのよと

先輩たちは言うけれど(笑)

どんな気持ちになるんだろうな。


ともあれ、せっかく今の年齢を生きられてるんだから、

今の年齢の気持ちを歌おう、と何か、決めたところもあって。


聴いてくれるみんなと、つながる何かがあれば嬉しいな。

ぜひぜひ、手に取ってみてもらえたら嬉しいです。

ページを報告する

コピーしました

コピーしました