大人を「褒める」難しさ

waffles official

2021/03/15 07:15

Follow

木村さんが育児での「褒める」について書いてて

https://wafflesjp.bitfan.id/contents/18294

私も偶然、そのことについて、前回の続きでまた考えてたので

連作日記みたいに書いてみます笑


==


木村さんも書いてたけど、子どもってつい褒めてしまうよね(笑)

褒めることが、おそらく本人にとっては絶対的な「善」だし、

シンプルな褒め言葉だけで、十分に伝えられるから。


それを思ったのは、かなり前のこと。

子供がたくさんいる場所に仕事でお邪魔したときに、

話しかけてくる子たちとお喋りしてたら

一人の子が、後ろから「あのね、これ僕の・・・」と

段ボールと折り紙で作った、大きな刀(工作)をモゾモゾと見せてくれて。


「わあすごいね、かっこいいね!」と褒めたら、

めっちゃ笑顔になって去っていって、また別のを持ってきて。

それを見たらまた別の子が、となって、

10人くらいがかわるがわる、自分の作品を持ってくる「褒めて大会」が始まった(笑)。

褒めてくれると思ったら、全力アピールしてくる、

その様がとても愛らしかったのでした。


***


子供の、あの「褒めやすさ」を思うと、

「大人を褒める」のってすごく難しいと時々、感じます。


専門外で、こっちが適切な言葉の引き出しを持ててなくて

うまく伝えられなかったり。


関係性的に、失礼に当たってしまうこともあるし。

(立場が上の人とか、尊敬する人を褒めるって逆に難しい)


本人が満足してない時なんかは、

褒めても「いやいや全然」となったり、恐縮させてしまったりも。


そもそも日本人は、直接褒められ慣れてないから、というのもありそう。


子供ほどは必要としてないかもだけど、

大人も褒められて嬉しくないワケはなく。

でもちょっと頭を使うから、子どもより「褒め勢い」が鈍る(笑)

褒める側も、「良いと思うから、絶対伝えたるー!」という強い意志が必要だね。


外国みたいに、「今日の服、素敵だね!」とか

最初の一言目の軽いノリで言い合うあの文化は、

”褒めコミュニケーション”のアイスブレイクとして、

だいぶ重要な気がするこの頃なのでした。


パンダも木に登る


***


テーマとかでうまく使い分けできてないのですが(笑)

変わらず、個人サイトでもあれこれ綴っています

ページを報告する

コピーしました

コピーしました