それぞれの たのしい音楽研究 [東アジア編]

waffles official

2021/04/03 18:00

Follow

前々回 [Phum Viphuritはいいぞ編]

前回 [東南アジア編]

に引き続き、大好きな音楽 最後は東アジア編です。


🇰🇷韓国編>

SE SO NEON / 긴 꿈 (A Long Dream)


SE SO NEON / 여름깃 (Summer Plumage)

SE SO NEONは2018年5月の来日公演(@青山月見ル君想フ)を観に行ったのですが、とにかく突き抜けるようなギターの音が印象的でした。ボーカルHwang So-yoonのロックスター然とした佇まいもたまらなくかっこよす。


Seoulmoon / 바다바다 (Badabada)


Lulileela / Light Beside you

素敵プレベ!


🇹🇼台湾編>

Elephant Gym / Finger

前述の韓国Lulileelaもそうですが、テクいベース女子が多いのも東アジアの特徴なのでしょうか。


ゲシュタルト乙女 / 生まれ変わったら

バンド名も歌も日本語なのに台湾のバンドという不思議さ。下北沢にいそうですよね。

そしてこのバンドも女子ベース。


🇭🇰香港編>

GDJYB / Wake Me Up


🇯🇵日本編>

Jan flu / Lacrosse

ファミコンのようなリフに、何語かわからない歌、ゆるい映像、全てがクセになります。最高。


********


以上、3回にわたって好きな音楽を紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか?

こうして振り返ってみると「エモみが感じられる」ことが共通項かなと感じました。(これはアジアの特徴というよりかは自分の好みだと思うのですが)

まだまだ自分も聴いたことのない音楽がたくさんあると思うので、 これからもライフワークとして掘って掘って掘り続けていきたい所存です。  皆様も何かオススメがあったら是非教えてくださいね。


ページを報告する

コピーしました

コピーしました